くしまnコラム
 




 

コアジサシ営巣

Vol.9
 


  春の山を散策していると、鈴なりの面白い花が咲いているのを見かけます。
 名前の
フシとは、本来は別の植物で、ウルシの仲間であるヌルデに、黒色の
 アブラムシが寄生して出来る虫こぶです。昔はこれが黒い染料になり、お歯黒に
 利用されたそうです。キブシの実は、このヌルデのフシに代用できる黒い色素が
 とれたことから、その名が付きました。大きくなると、葉の形がサクラと見間違え
 そうになります。しかし、サクラの葉には葉柄に蜜線のイボが付いているために、
 これで見分けることも可能です。

 この花を見ると、いよいよ春で、山が動き出したという感じですね。